Nintendo Labo

想像力を刺激する遊びの発明ツール

©2018 Nintendo

段ボールとゲーム機「Nintendo Switch」を組み合せて、ピアノやバイクなどのコントローラーを作って遊ぶ「Nintendo Labo」。

「Nintendo Switch」(別売り)の画面を操作するだけで、プログラミングを体験できる。6553円〜 
(注)価格は大手価格比較サイト「価格.com」での最安値(2018年7月9日時点の税込み価格、送料は別)、以下同

「①青いコントローラーを横に振ると、②赤いコントローラーが振動する」といったように、Switchの画面上でプログラミングを体験しながら新しい遊び方を自分で発明できる。

どんな遊び方を、どうやって発明するかがポイントだが、選択肢は多い。まずは公式ホームページでサンプル動画を視聴し、Laboがどのような仕組みになっているのかを理解してから取り組むと、進めやすいだろう(https://www.nintendo.co.jp/labo/invention/)。対象年齢は10歳以上だが、保護者が監督すれば6歳以上でも問題ない。

 

レゴ ブースト

自宅で作って遊べるロボットプログラミング

ロボットプログラミングを自宅で体験できるおもちゃもある。「レゴ ブースト」は、レゴで組み立てたロボットやギター、車などをスマホやタブレットでプログラミングし動かして遊ぶ。距離や色、握手などに反応する動作を組み込むこともできる。

アプリをダウンロードして遊ぶため、動作環境を満たすスマホかタブレットが必須。1万6129円〜

専用アプリでロボットを動かす