週刊東洋経済 2018年7/21号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

子どもたちはデジタル授業に夢中

小学校必修化は秒読み 動き始めた先進公立校

「みなさんおはようございます。今日のテーマは“デジタルアートに挑戦”です!」

東京西部にある府中市立府中第三小学校の図工の時間は、木製のいすを作るのでも、リンゴをデッサンするのでもない。30人ほどの児童が食い入るように見つめるのは、1人1台ずつ配られたタブレットPCの画面だ。

6年生の図工を担当する山内佑輔先生は、慣れた手つきでタブレットをテレビモニターにつなぎ、授業内容の説明を始めた。使用する教材は、コード(文字列)を入力しないビジュアルプログラミングの「Viscuit(ビスケット)」。画面上に指で描いた絵に、上下左右に動く、数を増やすなどの指示を与えることで、簡単にアニメーションを作ることができる。

東京・府中市立府中第三小学校

百花繚乱デジタルアート

図工担当の山内先生(上)。教材の「Viscuit」は、画面上に指で描いた絵に、上下左右に動くなどの指示を与えることでアニメーションを作れる(撮影:今 祥雄)

その日の授業の目標は、ビスケットで作ったアニメーションを真っ暗な教室の壁や窓にプロジェクターで投影し、プロジェクションマッピングを鑑賞することだ。

1人1作品ずつ完成させると、自分の作品を改良し続けるチームと、鑑賞の“会場”となる教室に紙コップを並べてアニメーションの映り方を工夫するチームの二手に分かれた。