大衆迎合の政治家が各国で大躍進している。だが、民主主義は死んだと決め付けるのはまだ早い。マレーシアのナジブ前首相が汚職で逮捕されたのは、まだ民主主義が生きている証拠だ。

独裁者のように振る舞うデマゴーグ(扇動家)たちは権力欲や金銭欲に突き動かされ、仲間内で私腹を肥やしている。歪んだ世の中を正すには、反動政治家たちが深く不正に手を染めている実態を暴露しなければならない。

たとえばハンガリーでは、オルバン首相の友人や家族が政府融資や公共事業を通じて財を成している。オルバン氏の地元、フェルチュートの町には総人口の2倍を超す4000人収容の豪奢なサッカースタジアムが建設され、“お友達”の一人が巨万の富を手にした。各国の腐敗を監視する国際非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナルによると、汚職は「今や(同国の)システムの一部にすらなっている」という。

トルコでは与党・公正発展党の幹部を含むエルドアン大統領の側近がマネーロンダリングに関与し、閣僚4人が辞任。不正に得た資金を処分するようエルドアン氏が息子に指示しているように聞こえる音声も暴露されたが、同氏は容疑を「でっち上げ」と一蹴。結果的に検察は事件化を見送った。