公立小学校や民間の塾などプログラミング教育の場が広がる中、家庭で扱えるプログラミング教材も増えている。そうした教材を使って親子で家庭学習するうえでも、「プログラミングとは何か」といった基礎知識をおさらいしよう。

「プログラミングとは、人間がコンピュータにしてほしい動作を指示すること」。そう解説するのは、プログラミングスクール「TECH:CAMP(テックキャンプ)」を運営するdivのエンジニア、片岡雅人氏である。

同校のような即戦力を育てるスクールでは、最初からプログラミング言語を使ってコード(文字列)を入力し、実践しながらプログラミングのスキルを身に付ける。

一方、2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育では、コードを入力するような実践的なスキル習得の前に、「プログラミング的思考」の養成を重点的に行う。

プログラミング的思考は論理的思考に近い。具体的には「ある目的を達成するために、どんな動きの組み合わせが必要か」といったことを論理的に考えることだ。

たとえば「部屋をきれいにする」という目的を立てた場合、「散らかったモノを集める」「集めたものを必要なモノ、不要なモノに分ける」などの作業に分解すればよい。コンピュータに指示する場合は、あいまいな部分がないよう、より細かく順を追って指示を出す必要がある。目的達成に向け、作業を分解したり、それを順序立てて並べたりする。そうした一連の考え方が「プログラミング的思考」であり、小学校では各教科の中でそうした能力を育んでいく予定だ。

プログラミングを学べば消費者から生産者に