就任以降顕著な成果を出せていないウェバー社長の大勝負は、OBに受け入れられるか(撮影:風間仁一郎)

「長い歴史と前向きな価値観を持つ会社の象徴となる」

7月2日、東京・日本橋にそびえ立つ武田薬品工業の新本社開所式で、クリストフ・ウェバー社長は誇らしげに語った。総工費660億円、地上24階建てのビルをお披露目する高揚感だけではない。余裕の表情の裏には、6月28日に開催した定時株主総会を無事乗り切ったことがある。

武田は5月、国内のM&A史上最高額となる6.8兆円でアイルランドの製薬大手・シャイアーを買収すると発表した。この買収に対し、創業家の一部やOB、株主など約130名で構成される「武田薬品の将来を考える会」は、財務の悪化リスクを懸念し反対を表明。1兆円以上のM&Aには株主総会での事前承認を必要とする旨の定款変更を、株主提案として提出した。

武田とシャイアーは買収で基本合意したものの、実現するためには、年末から来年前半にかけて双方が臨時株主総会を開き、シャイアーでは4分の3以上、武田では3分の2以上の株主の賛成を取り付ける必要がある。この定時総会はその前哨戦と目され、いやが応でも注目度が高まっていた。

株主提案の賛同は約10%

焦点となった株主による定款変更提案は、9.44%の賛成にとどまり、否決された。ただ、考える会の主要メンバーは、「約10%の賛同を得られ、手応えを感じた」と満足げだ。同会の議決権保有比率は1%程度とみられ、第三者の株主から8%以上の賛同を得たことになる。総会自体はウェバー社長など取締役候補全員への賛成票が9割以上となるなど、波乱なく終わった。

出席株主からは、「買収には大賛成。株価は下がって損したが、成長のためには必要だ」(70代男性)との声がある一方で、「買収金額が巨額で不安に思う株主は少なくない」(40代男性)、「約7兆円の買収に関しては納得するところと、そうでないところが両方ある」(40代女性)など、不安の声も聞かれた。

武田の経営陣はまず一つハードルを越えたが、待ち構える山はまだ高い。

考える会のメンバーは総会での質疑について、「具体的な質問をしているのに、抽象論の回答に終始していた」と口々に批判する。会社側は「シティコード」と呼ばれる英国のM&A規則を盾に、「買収完了までは、シャイアーの収益見通しなど詳しいことは語れない。完了後はすべての情報を開示できる」(ウェバー社長)と、議論はかみ合わない。この規則は、基本合意から買収完了までの間は将来見通しの開示を制限している。

現時点でシャイアー買収の完了メドは臨時総会後の19年上期だ。相乗効果など、詳細な会社側の試算提示がないまま買収の是非を判断せよ、と株主は酷な要求を突き付けられている。

考える会は賛同者を増やすなど徹底抗戦の構えで、意気盛んだ。経営陣との対立が臨時総会まで長引くのは必至の状況だ。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』のすべての記事がWebで読み放題
  • 『週刊東洋経済』が毎号届く
  • 『会社四季報 業界地図』のコンテンツが閲覧できる

    ※一部のコンテンツは無料会員記事でも閲覧が可能です。

  • 東洋経済主催セミナー無料ご招待
アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP