狭隘な土地を活用するためにできた舟屋の景観は、多くの観光客を引き付けてきた

利尻島から関西、東南アジアを経由して東京まで特典航空券を利用した旅に出たのは、今年6月のことだ。

マイレージプログラムは、貯める航空会社によってルールが異なる。筆者が貯めているアラスカ航空の規則では、出発地から目的地まで極端な遠回りになっても必要マイル数は変わらない。

これだけ大回りし、国際線はビジネスクラスにしたにもかかわらず、使ったマイルは2万5000マイルだ。ちなみに、日本航空のJALマイレージバンクの場合、日本から東南アジアまでビジネスクラスで往復8万マイルが必要になる。

ただし、どの都市を経由するかはランダムに選ばれる。また、それぞれの都市で24時間以上滞在することはできない。

滞在23時間で丹後へ