東京都足立区の北千住駅は、隅田川と荒川に挟まれた中洲のような土地にある。「北千住」という地名はなく、駅の西側にある千住と千住仲町、東側にある日ノ出町、千住旭町、千住東という町に囲まれている。

北千住駅はJR常磐線、東京メトロの日比谷線・千代田線、東武「スカイツリーライン」そして2005年に開通した首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスを合わせた五つの鉄道が集まるターミナル駅だ。大手町へ17分、秋葉原へ10分程度で行くことができる。

北千住駅に集まる鉄道路線は、スカイツリーラインが東京メトロ半蔵門線と、千代田線が小田急線と相互直通運転され、常磐線はJR上野東京ラインで東京に接続している。このように北千住は首都圏の広いエリアからアクセスが容易にできる点が特筆される。

この街はこれまで足立区という23区内でも人気のない区の、ちょっとやんちゃな人が住む街というイメージが強かった。そのためサラリーマンや若い女性にはあまり縁のない街といえた。