「長かったですね。武勇伝が始まってしまいましたか?」。先日、私が社長室から出てくると、そう言われた。

民間企業の社員研修を請け負うことが決まると、可能なかぎり、その会社の経営者にごあいさつに伺うことにしている。5分ほどの予定が大幅に超過し、1時間近くお邪魔してしまうことが多い。それは経営者との話が、「武勇伝」から組織論に発展するからだ。

ここでいう武勇伝とは、巨額の投資を必要としたばかりでなく、高いギャンブル性を伴う事業を成功させたときの話が多い。

個人的には、新しい事業を成功に導いた現場での小さな出来事に興味があるのだが、話題はそんなところには行かない。経営者がいちばん話したいのは、どうやってその事業展開を押し通したのかというところだからだ。

どの経営者もいちばん熱く語るのは、社内での役員との攻防だ。