社員の約半分が博士号所持者。今後は収益事業をより強化する(撮影:大澤 誠)

AI(人工知能)が自発的にものを考え、好奇心を持つ──。AIが人間を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」にもつながりうる、“人工意識”を開発するベンチャーが日本にある。

アラヤの金井良太社長(40)は脳の研究者。英サセックス大学などで脳が計算をする仕組みを解明してきたが、AIブームの中で同僚の研究者が米グーグルなどに招聘されていく中、「社会に影響を与えようと思って起業を決意した」(金井氏)。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP