大学や研究機関で事業化の限界を感じ、民間会社を経て起業した(撮影:今井康一)

稼働していないアンテナを共有できないか。「インフォステラ」は人工衛星を運用している事業者向けにアンテナシェアリングサービスを提供しようとしている。

世界の研究機関や民間事業者が人工衛星と通信するために保有する地上のアンテナ。倉原直美CEO(36)は、このアンテナの非稼働時間が多いことに着目した。衛星と通信できるのは衛星がアンテナ上空を通過するときだけで、通過時に通信できるのは1回当たりわずか数十分と短い。多くのアンテナは稼働時間よりも非稼働時間が長い。

一方、アンテナは1基作るのに約6000万円かかることもあり、ベンチャー企業が宇宙ビジネスに参画するハードルになっている。アンテナをシェアできれば他社のアンテナを借りて衛星と通信できるため、自前で多くのアンテナを作る必要がなくなる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP