きむら・こうき●1975年生まれ。東京都立大学中退。電気設備会社などを経て、2008年にミクシィ入社。『モンスト』開発ではプロデューサーを務める。18年6月から現職。(撮影:今井康一)

コミュニケーション軸に新たな成長柱を育成する

過去10年間を見ると、大きく伸びた事業はSNSの「mixi」と、スマートフォンゲームの『モンスターストライク(モンスト)』の二つがある。共通しているのは、友達や家族とのコミュニケーションを題材にしていること。口コミによって指数関数的にユーザー数が拡大することに加え、ユーザー同士で盛り上がることで消費が促進される。こうした動きが急激な成長につながった。

これからは自らを「コミュニケーション創出カンパニー」と位置づけ、新たな成長柱を育てる。そのために、今後3年から5年で1000億円の投資を行う予定だ。

これまでは経営者というよりプロデューサーとして事業創出にかかわってきた。社長になってもその視点を持ちつつ、多くの後進たちにチャンスを与えていきたい。

──新たな成長分野として、「ウェルネス」を掲げました。

高齢者の社会的孤立が生活習慣病の大きな要因といわれている。コミュニケーションが断絶すると、運動するモチベーションが下がり、運動機能の低下につながる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP