写真中央が伊藤和真代表。現役慶応大学生を中心に起業した(撮影:尾形文繁)

選挙権年齢が18歳に引き下げられてから2年余り。次世代の若者たちが、テクノロジーで政治を変えようとしている。

PoliPoliは慶応義塾大学の現役学生らが中心になって立ち上げた政治ベンチャーだ。政治議論のコミュニティアプリ「ポリポリ」を開発、有権者同士がSNSのように政治に関する議論ができるほか、登録する政治家と直接メッセージをやり取りできる。政治家と有権者の双方が冷静に議論できる場の提供を目指す。

創業者の伊藤和真代表(19)は、慶応大学2年生の連続起業家だ。高校生のときに俳句にはまったが、気軽に披露する場がない。大学入学後に2カ月間プログラミングを勉強し、俳句投稿アプリ「てふてふ」を開発した経験もある(今年6月に毎日新聞社に売却)。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP