大学時代の恩師は流通科学大学の中内潤理事長。今も時折会って話す間柄だ(左が川原CEO、右が平山COO)(撮影:ヒラオカスタジオ)

介護や医療の世界は意外とローテクだ。たとえば入院患者が退院し、介護施設に移る際、どの施設を選ぶかは病院のソーシャルワーカー頼み。施設間のやり取りは電話かファクスで行われ、時には何十カ所も問い合わせないと空床があるかがわからない。担当者による情報量の差も激しい。

「仮に施設に不満でも患者や家族は納得せざるをえない。インターネットが発達し便利なツールが数多く存在する時代に、何とかならないか」

そんな疑問に端を発して生まれたのが、神戸発の介護ベンチャー・KURASERU(クラセル)。川原大樹CEO(31)とITに詳しい平山流石COO(最高執行責任者、31)の大学同級生コンビだ。

同社は介護施設や医療施設にポータルサイトを無料で提供。患者や家族は空床や看護・医療体制などをたちどころに検索できる。同社には看護師やケアマネジャーなど専門職がおり、相談を受け付けている。神戸市内にある病院100弱、特別養護老人ホームを除く介護施設300強のうち、すでに半分近くの施設をこのサイトで検索できる。

現在は施設側も患者側も無料でサービスを利用できるが、「神戸市でモデルケースを作り、日本全国に広がった段階で有料化に踏み切る。いずれ『介護界のグーグル』になりたい」(平山氏)と夢は大きい。

川原氏は大学卒業後、「ペイン(痛み)の大きい分野には(起業の)金脈が眠っている」と介護業界に目をつけ、実際に介護士として2年半、医療ソーシャルワーカーとして3年働いた。「大手ITベンダーなどとの競合もあるが、現場での経験が生きている」(川原氏)と話している。

 

川嶋社長は東京医科歯科大学で約20人の学生の研究指導も行う(撮影:今井康一)

今春の医療ドラマ「ブラックペアン」の撮影で、手術支援ロボットを提供したのがリバーフィールドだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP