(撮影:今 祥雄)

「Oh, my God! This is awesome!(これはすごい!)」。お台場のダイバーシティ東京 プラザにある、MR(複合現実)技術を用いた没入体験型エンターテインメント施設ティフォニウム。アトラクションの一つ、ホラーコンテンツの「コリドール」で、興奮した外国人観光客の歓声が飛び交う。

VR(仮想現実)ゴーグルとヘッドホンを装着してプレーが始まると、4.5m×8.5mのがらんとした体験ブースは、異形の怪物が徘徊(はいかい)する巨大な廃墟に一変。体験者はブースの中を歩きながら、VRゴーグルに映し出される世界観に入り込んでいく。

手にしたランタンをかざすとMRの中で扉が開くなど、双方向性の工夫も(撮影:今 祥雄)

このティフォニウムを運営しているのが、MRベンチャーのティフォンだ。創業は2011年。創業者の深澤研CEO(38)が、サン・マイクロシステムズやソニーグループのベンチャーでの勤務を経て立ち上げた。

米ディズニーが出資 国内外でFC展開へ

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP