プリファード・ネットワークスやユーグレナなど数々の有力ベンチャー企業を輩出してきた東京大学。その起業エコシステムの仕掛け人である東大の各務茂夫教授に、日本のベンチャー市場の課題と展望を聞いた。

かがみ・しげお●ボストンコンサルティング等を経て、2004年から現職。大学発ベンチャー支援や企業との共同研究創出に取り組む。(撮影:今井康一)

──企業による投資が増え、ベンチャー企業の資金調達が活況です。

大きいのは企業側の意識の変化だ。昨年相次いだ品質問題をはじめ、この数年間「あの大企業がどうして」というようなことがたくさん起きた。それに加えて、日本の年金基金が株式投資に向かい、コーポレートガバナンスやROE(自己資本利益率)8%以上といった圧力も大企業に向けられている。

ここに来て、大企業は研究開発で自前主義を廃し、本当の意味でベンチャー企業との連携を含めたオープンイノベーションを進めて果実を手にしなければならない、という意識に変わったようだ。

ベンチャー投資なしに大企業は生き残れない

かつて大企業がベンチャー企業を見る目というのは、対等ではなく“上から目線”だった。ただ今はそうではなくなってきている。ベンチャー企業のエッジの利いた事業を取り込まないかぎり、生き残れないと考えている。

プリファード・ネットワークスが、トヨタ自動車から100億円超の資金を得る。そうした動きが一般化しつつある。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP