海外ではプラスチックの代替品として脚光を浴びる。用途はさらに広がりそうだ(撮影:梅谷秀司)

「石から紙やプラスチックを作り出す」、そんな驚きの新素材を開発しているのがTBMだ。

同社が開発した「LIMEX(ライメックス)」は石灰石を主原料にした新素材で、紙やプラスチックそっくりに成形可能だ。耐水性や耐久性が高いのが特長で、現在、LIMEXで作った名刺を2000社の企業が導入しているほか、大手飲食店のメニュー表や東京マラソンで配られた地図にも採用されている。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP