(撮影:尾形文繁)

石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の経営統合が実現に向けて動きだした。

6月27日、出光創業家側の代理人・鶴間洋平弁護士が突然辞任した。辞任理由は明らかではないが、株主総会を翌日に控えたタイミングで、統合反対を主張してきた代理人が辞任した意味は大きい。

出光は、昭シェルとの経営統合で2015年11月に基本合意。当初は創業家も賛成していたが、翌16年6月に創業者・故出光佐三氏の長男で名誉会長の出光昭介氏が、創業家を代表して反対を表明した。

膠着状態が続く中、会社側は創業家に相談もせずに17年夏、1185億円もの公募増資に踏み切った。これにより創業家の出資比率は33.9%から約26%(現約28%)まで低下、対立は決定的になった。複数の関係者は「その後は没交渉状態だった」と証言する。