「あなたの家庭は、ひと月いくらあれば暮らせますか」と聞かれ、即答できるだろうか。思い浮かばないなら、老後の心配をする前にそちらを確かめたほうがいい。現状の把握なくして「老後にいくらかかるのか」を計算しようというのは、地図も持たずに旅に出るようなものだ。

イラスト:河南好美

参考までに政府が発表している「世帯主の年齢階級別消費支出額」の1カ月の平均支出額を見てみよう。40代では約31.5万円、50代では34.3万円。対して、定年後の生活に入る60代では約29万円、70歳以上では約23.4万円となる(下図、総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)」2017年から)。60代でも30万円近くかかっているわけだ。

家計調査によれば定年後も大して食費は減らないし、在宅時間が長くなるからか水道光熱費も落ちない。悲しいかな、医療費は逆に増えていく。減っていくのは収入ばかりだ。嫌でも支出の見直しが必要になる。

払っていることすら忘れている出費に注意