イラスト:河南好美

「いまさら専業主婦の妻に働いてくれなんて、ふがいない私をさらけ出すようで惨めですよ」と涙を浮かべて訴える男性──。筆者は50歳代向けの企業研修を担当することが多いが、研修後に申し込まれるライフプラン相談でしばしば目にするのが「泣く中年サラリーマン」の姿だ。

役職定年を知ってはいたが、実際に給与がいくら下がるのかを計算してぞっとした。「ねんきん定期便」に記載されていた年金受給額が、想像以上に少なかった。65歳まで働けるから安心と思っていたが、嘱託は時給で、しかも息子のアルバイト代より少なくて茫然とした、など「こんなはずじゃなかった」という声の嵐である。

私立校に子どもを通わせたり、身の丈以上の住宅ローンを組んだりで、将来の備えに回すおカネがほとんど確保できなかった人も少なくない。これといったスキルも身に付いていないから転職は無理と肩を落とす人も。

そんな人は、奥様にぜひ「働いて」もらいましょう。50歳代からでも遅くはない。年収100万円を目指して仕事をしてもらうだけで、定年後の家計は劇的に変化する。