IMF(国際通貨基金)は5月末、世界の債務に関する新たなデータベースを公開した。政府と民間の両方の債務を初めて一つの統計にまとめたもので、1950年までさかのぼって国別にデータを確認することができる。

この統計によると、世界の債務総額は世界GDP(国内総生産)の225%に達し、過去最高になった。2009年の213%をも上回る水準だ。IMFが指摘するように、世界の債務はリーマンショックの後も、まったく削減されてこなかったことになる。

IMFは、晴れている間に雨漏りのする屋根を直すよう各国に求めている。経済の調子がいい今のうちに財政黒字を積み上げるか、最低でも赤字を減らして今後の景気悪化に備えよ、ということだ。減税を推し進める米トランプ政権やイタリアのポピュリスト政権がIMFと衝突するのは間違いない。イタリアが最低所得保障をはじめとする壮大なバラマキを行うのであれば、IMFとの難しい交渉を迫られよう。ギリシャの債務危機を担当したIMF職員がローマ行きを命じられる日も近いだろう。