イラスト:河南好美

長年連れ添った夫婦からの離婚に関する相談が増えている。いわゆる「熟年離婚」だ。離婚件数そのものは減少傾向にあるものの、同居期間20年以上の夫婦の離婚件数は増えている。

司法統計によると、離婚する原因でいちばん多いのは「性格が合わないこと」。ほかの理由に比べ抜きんでている。人生100年時代といわれる今、50歳はまだ折り返し地点だ。子どもの独立などを機に離婚を考える人が多いのかもしれない。

離婚する場合、気になるのはやはりおカネのことだろう。原則として、結婚してから築いた財産は、二人で半分ずつ分ける。これを「財産分与」という。ここでいう「財産」は預貯金だけではなく、結婚後に購入した住宅などの不動産、有価証券、保険、自動車なども含まれる。数年以内に定年退職が見込まれる場合は、退職金も対象になる。