(Gearstd / PIXTA)

「いつまで現役で働けるのか」「人生100年なんていうけど、いつまで健康でいられるのだろう」など、50歳を過ぎるといろいろなことを考える。自分の仕事と健康のことに加えて、脳裏をよぎるのが、「老後のおカネ、大丈夫かな」という不安である。

50歳代無貯金の世帯は多い。金融広報中央委員会が毎年定期的に行う「家計の金融行動に関する世論調査」によると、2人以上世帯で貯蓄ゼロという世帯が、50歳代だと31.8%にも上っている(2017年、下図)。そこそこの給料をもらっているとしても、55歳で役職定年になったら3割減給だ。子供が完全に独立していればまだよいが、大学生で学費負担が続いていたら、貯蓄をするチャンスはなくなる。

こうした崖っ縁の中高年世帯は、どうすればいいか。まず検討するべきは、妻が専業主婦なら働きに出てもらうことだ。パート収入が年100万円もあれば、全額貯蓄に回すことで10年間で1000万円も貯めることができる。