医療費が本格的にかかるのは70歳以降

誰しも年齢が上がるにつれて、健康に自信を失うようになってくる。

実際、厚生労働省の調査でも、40代後半から高血圧性疾患や糖尿病、悪性新生物(がん)など「生活習慣病」の患者が増加。特に高血圧性疾患の患者数は群を抜き、推定では50歳以上の2人に1人が高血圧だともいわれている。

とはいえ、医療費が本格的にかかるのはまだ先のことだ。厚生労働省の統計によると、生涯医療費は男性2600万円、女性2800万円で、その約半分は70歳以降だ。もちろん健康保険などが適用になれば、1~3割の自己負担で済むが、女性は長生きの分、かかる医療費が男性よりも多い。

医療費はどんな病気にかかるかでも大きく変わる。主な傷病の入院費用を見ると、最も高額なのは「脳血管疾患」だ。