黒鉛電極は大電流を流して電炉内を加熱する電極棒として使用される

化学メーカー大手、昭和電工の業績が急回復している。最終利益は前2017年12月期に前期比172%増の334億円、今期は同154%増の850億円に急伸する見込み。まさに倍々の伸びだ。

総合化学メーカーの同社は、石油化学、化学品からアルミニウム、ハードディスク記録媒体まで幅広く手掛ける。その中で牽引役となっているのが、黒鉛電極だ。

黒鉛電極は電炉で鉄スクラップを溶かすために使用される。これまで高炉を中心とする中国鉄鋼メーカーの過剰生産で電炉の操業度が世界的に低下していたが、中国で粗悪な鉄鋼生産への規制が厳しくなり、事情環境が大きく変わった。

電炉は高炉に比べ、消費エネルギーや二酸化炭素の排出量が少ない。環境汚染が深刻な中国は、製鉄における電炉の比率を16年の5%から20年には15%まで引き上げようとしているとされる。こうした電炉の操業度向上により、消耗品である黒鉛電極の需要が一気に拡大した。