空揚げや梅干し、しょうゆの容器を器用に盛り付けるロボットには人だかりができていた

ロボットアームが空揚げや梅干しといった具材を器用につまみ上げ、弁当のトレーに正確に盛り付けていく──。6月中旬に東京ビッグサイトで開催された食品機械展示会で注目を集めたのが、このロボットによる盛り付けデモだ。

今、弁当や総菜などの食品製造業で人手不足が深刻だ。主戦力であるパート職員が足りず、厚生労働省によれば、業界の欠員率は製造業全体の倍以上。加えて食品工場の7割は中小企業で、大半は小規模ラインで日々さまざまな品目を生産する。そこで人手に代わる存在として期待されるのが、多様な動作を柔軟に設定できる産業用ロボットだ。

幅広い業界で自動化需要が高まり、ロボットの出荷台数は近年右肩上がりだ。2017年は過去最多となる23.3万台を記録。だが食品業界向けは全体の1%にも満たない。人手不足の解消は喫緊の課題なのに、なぜ導入が進まないのか。

要因の一つには、そもそも食品製造がロボットより人間の得意な領域ということがある。生産品目は多岐にわたり、入れ替わりも激しい。人間なら「まずは漬物の梱包、次に弁当の盛り付け。明日からはケーキを作る」と指示すればよい。軟らかいもの、滑りやすいものを一目で見分け、力を加減してつかむことも可能だ。