イラスト:今井ヨージ

6月初旬、都内で行われた半導体の業界団体・SEMIジャパンの懇親会。半導体関連メーカーの首脳陣が集まった会場は、業界の好調さを表すように明るい雰囲気に包まれていた。

「不安な要素は何もない」「すでに2020年以降の需要に対する準備を始めている」。かつての半導体不況がうそのように、各社からは楽観的な声が聞こえてくる。

半導体業界はこれまで、3~5年で好不況を繰り返す「シリコンサイクル」に悩まされてきた。技術革新のスピードが速いため、一時的な好況はあってもすぐに供給過剰となり、各社の業績は周期的に落ち込んでいた。

しかし、今回の好調はこれまでと異なるようだ。需要の力強さから、今後10年間を見据えた中期経営計画を発表する企業も出現。好況期の長さは通常のレベルを超えているという「スーパーサイクル」論も飛び出している。

強気見通しの根拠は「データ時代」の到来