米朝共同声明の調印後に握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(共同通信/ロイター)

6月12日、シンガポール──。全世界から2500人超の報道陣が蝟集(いしゅう)したドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のトップ会談を、各国メディアはどのように報じたのか。

中国紙・環球時報は「会談は成功した。米朝の善意の交流が始まることを望む」と好意的に報じた。だが、米紙ニューヨーク・タイムズ(12日付)の「(米韓合同軍事演習中止の言及は)北朝鮮への重要な譲歩であり、金委員長に核を放棄させることができるかの賭けだ」や、韓国紙・東亜日報(13日付)の「非核化の工程表も大まかなスケジュールもなかった」など、総じて否定的なものが多かった。

「(非核化は)今後は難しい交渉になるかもしれない」(米紙ワシントン・ポスト12日付)と、「最終的な(トランプ、金両氏の)得点結果はしばらく先までわからない」(英紙フィナンシャル・タイムズ〈FT〉13日付)の指摘が、米朝首脳会談の内実を言い当てているのではないか。

FT紙の指摘に従えば、トランプ・金会談はまさにガチンコ相撲であったが、はたして結びの大一番の勝者はどちらだったのか。