イラスト:今井ヨージ

EVの製造コストの3分の1から2分の1を占めるとされるリチウムイオン電池。その電池を構成するのが、正極材、負極材、電解液、セパレーターといった主要4材料だ。それぞれの材料において、日本メーカーが存在感を発揮している。

正極材でトップを走るのが住友金属鉱山。電池を高容量化することが可能なニッケルの含有率が高いニッケル酸リチウムを使用し、原料からの一貫生産を手掛ける。2018年中にも約40億円を投じた磯浦工場(愛媛県新居浜市)の設備能力増強が完了し、従来比約3割増の月産4550トン体制となる。パナソニックと共同で開発しており、最終的には米テスラ向けに供給されている。

(注)数値は2017年のグローバルの予想販売金額。供給元や供給先は主な企業。AESCはオートモーティブエナジーサプライ、PEVEはプライムアースEVエナジー。PEVEからトヨタ自動車への供給はハイブリッド車とプラグインハイブリッド車。東レと旭化成の販売金額は電池メーカー向けのみ (出所)各材料の販売金額とシェアはシーエムシー・リサーチ。供給の流れはシティグループ証券の資料や取材を基に判明した分で本誌作成
(以下同)