「2017年度1300億円のパワーデバイス事業の売上高を22年度に2000億円を目指す」。三菱電機の半導体・デバイス事業本部長・眞田享常務執行役員はそう宣言する。

パワーデバイスとはパワー半導体やそれらを組み合わせてモジュール化した部品で、家電や産業用機械、鉄道、太陽光発電などの電気機器に幅広く使われている。

パワー半導体全体では独インフィニオンテクノロジーズが圧倒的だが、日本企業も存在感を保っている。特に大きな電流を扱う製品では、三菱電機がトップ、富士電機や日立製作所、東芝なども競争力を持つ。

パワー半導体とは…
高い電圧、大きな電流を扱える半導体。電圧や周波数を変えたり、直流を交流、交流を直流に変換したりする役割を果たす。あらゆる電気機器の省エネ性能を高めるキーデバイスの1つ

主戦場は自動車の電動化

従来は黒子といえる地味な部品だったが、電気機器そのものの増加や省エネ要求の高まりもあり、成長が確実視されている。その中で主戦場と目されるのが自動車の駆動用だ。