日本メーカーの製品には、あえて日本語表記のままの物も。「日本製」を前面に打ち出している

ここは中国・天津のディスカウントストア。子ども用紙おむつ売り場をのぞくと、若い夫婦がどの商品を買うか悩んでいた。棚に並ぶ紙おむつの多くは、米国や日本のブランドだ。

年間1700万人もの新生児が生まれる中国(日本は94万人)は、子ども用紙おむつの巨大市場。現地では乳児にお尻から股部分をくりぬいたズボンを履かせ、おむつ代わりに布を下に敷いて寝かせるのが長年の習慣だった。しかし、経済発展につれて、都市部を中心に衛生的な紙おむつが急速に普及。ユーロモニターの調査によると、市場規模(金額ベース)はすでに日本の4倍にまで大きくなった。