「世界は重大な変化を見届けることになるだろう」。金委員長は会談の成果を強調した(AFP/アフロ)

6月12日にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談。だが、双方の首脳が署名した共同声明への評価が芳しくない。

最大の焦点だった非核化では「非核化に向けた責務」が明記されたが、米国が要求してきたCVID(完全で検証可能、逆戻りできない非核化)の文字はなく、「内容が薄い」との指摘が多い。一方で、米国が北朝鮮に「体制の保証」を簡単に与えたことも疑問視されている。

確かに、原理原則のみでそっけない内容に見える。だが、米朝関係を新たに構築していくという観点からいうと、大きな意味がある。非核化の責務を北朝鮮に確認させたことは、今後の行動に責任を持てと、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長に突き付けたことになる。

CVIDの要求は北朝鮮にとって屈辱的なものととらえられており、これまで北朝鮮はCVIDについていっさい言及してこなかった。今回の会談で、トランプ米大統領はそんな北朝鮮の立場に一定程度、理解を示したのだろう。

しかも、トランプ大統領は米韓合同軍事演習の中断をも表明することで、非核化を進めるための環境づくりに手を打った。北朝鮮軍部が最も嫌悪し、核開発や軍拡を進める口実の一つがこの演習であったためだ。