一連のアメリカンフットボール問題の対応にもたついている日本大学は、いろいろな立場の人から揶揄されている。日本で最初に危機管理学部を創設した大学だというのに、まったくなっていない、と。

「危機管理」という言葉は、2001年に米国同時多発テロ事件が起きてから一般的となり、11年の東日本大震災以降、より頻繁に使われるようになった。私も使ったことがあるが、何となく口にしていたにすぎなかった。

あらためて調べてみると、「危機管理」の類語に「リスク管理」があり、その違いはこうだ。

「危機管理」とは、発生してしまったトラブルから受ける被害をいかにして最小限にとどめるかを考えること。対して、「リスク管理」とは、まだ発生していないトラブルへの備えとして、何をするべきかを考えることである。

自動車メーカーならば、すでに販売した大量の自動車に欠陥が発見された際の対処法が「危機管理」であり、いかにして欠陥車を生産しないようにするかが「リスク管理」となる。