4月下旬の土曜日昼下がり。都内にある葛西臨海公園で、多くのお年寄りたちがウォーキングポールを使いながら、青空の下で楽しそうにはつらつと歩いていた。

ウォーキングの体験会を主催したのは、大手日用品メーカーのユニ・チャーム。認知症予防をうたって2016年秋に始めたイベントで、今回は応募者の中から選ばれた平均年齢70歳の58人が参加。一般の参加者たちに交じり、同社の高原豪久社長と夫人も一緒に汗を流した。

実はこのウォーキング体験会は、同社が販売する大人用紙おむつ「ライフリー」の宣伝活動の一貫でもある。葛西臨海公園をぐるりと一周して体験会が終わると、みんなで記念撮影し、タブレット端末を使って銘々の健康度をチェック。解散時には体験会参加の記念品として、参加者全員に大人用紙おむつ関連商品が配られた。

4月に開催したウォーキング体験会の風景。参加者には試供品が配られた

高齢者の需要増え国内は子ども用抜く

ユニ・チャームといえば、生理用ナプキンや、「ムーニー」「マミーポコ」ブランドの子ども用紙おむつが真っ先に連想される。こうした商品の購入者は基本的に10代から40代までの女性たちだが、同社が今、国内で最も注力しているのが、高齢者を中心とした大人用紙おむつだ。

高齢化社会の進展を背景として、大人用紙おむつ(尿漏れパッドも含む)の市場は着実に伸びている。主要なドラッグストアやスーパー、ホームセンターなどの販売データを集計する市場調査会社インテージによると、大人用紙おむつの国内販売金額は右肩上がりで増えており、中国からの訪日客による爆買い需要が沈静化した子ども用紙おむつをすでに追い抜いた。