(撮影:今井康一)

「日本の重い課題をすべて背負っている」──。厚生労働省の若手はそう表現する。医療に年金、介護、雇用、労働など、少子高齢化の中で日本が抱えるさまざまな課題を扱う。国会対応も多く、「会期中は22〜23時ごろまで省内で待機するのが当たり前」(技術系官僚)、「答弁を書く仕事のためほぼ帰宅は深夜。泊まり込んで書くこともある」(中堅)。

各省の労働組合で構成する霞が関国家公務員労働組合共闘会議の調査によると、厚労省の月平均残業時間は最も長い。80時間以上の残業割合、休日出勤、過労死の危険を感じた経験などの項目でもトップだ。「うつで辞める職員も多く、月の残業時間が300時間という者もいる」(厚労省中堅)。