今年4月のキャリア(総合職)の採用数は109人と、全省庁の中で最多の国土交通省。財務省や経済産業省のキャリア採用は事務系がほとんどだが、国交省は技術系官僚(技官)が多いのが特徴だ。そのため、技官が事務方トップの事務次官に就任できる唯一の中央官庁といわれる。

国交省は、2001年の中央省庁再編で旧4省庁(北海道開発庁、国土庁、運輸省および建設省)を母体として誕生した。「4省庁合併後に採用されたキャリア官僚には、建設、運輸の色がつかない人事が行われている。その年代が現在、課長補佐や室長になってきた。一方、幹部クラスは建設、運輸の意識が根強い」(中堅OB)という。実際、事務次官は、旧運輸省と旧建設省でポストを分け合っている。