今年2月に「ラクマ」「フリル」の2アプリを統合、新生ラクマで反撃ののろしを上げた(写真:楽天)

「1位の背中が見えてきた」。楽天の三木谷浩史会長兼社長は今年2月の決算説明会で、自社のフリマアプリ事業の成長ぶりに自信を見せた。メルカリにとって国内最大のライバルである「ラクマ」は、今年に入り続々と新たな手を打ち出している。

楽天は今年2月、傘下にあった2つのフリマアプリ「ラクマ」「フリル」を統合し、新生ラクマとして再スタートを切った。さらに6月からは、これまで無料だった販売手数料を有料化。販売価格の3.5%という料率は、メルカリ(販売価格の10%)と比べればお得感の残る形だ。

フリマ市場全体の急拡大を受け、近年は楽天もこの領域で大きく成長を遂げてきた。足元のアプリのダウンロード数や利用者数は公表していないが、年間流通総額は1400億円(2017年末時点)に到達。メルカリ(3000億円超)にはまだ遠く及ばないものの、前年比では2.7倍に成長している。今後についても「早期に3000億円に持っていきたい」(三木谷社長)と鼻息が荒い。