6月19日、メルカリの上場セレモニーが東京証券取引所で行われた。前列左から2番目が米国メルカリのジョン・ラーゲリンCEO、同3番目がメルカリの山田進太郎CEO(撮影:梅谷秀司)

「上場を通じて、メルカリが成し遂げたいこと。それはテックカンパニーとして世界を目指すことだ」

6月19日、メルカリが東証マザーズ市場に新規上場した。東京証券取引所に姿を見せた同社の山田進太郎CEOは、報道陣を前に晴れやかな表情で上場初日の思いを語った。

メルカリ株は初日から高い成長性に期待した個人投資家の資金が流入し、午前11時過ぎに5000円の初値をつけ、公開価格の3000円を大きく上回った。最終的には5300円で取引を終え、時価総額は7172億円となった。今年のIPO(新規株式公開)で最大規模であり、マザーズで時価総額首位だったミクシィ(約2300億円)の遙か上を行くなど、華々しいスタートを切った。

今回の上場でメルカリは600億円超を調達。重点投資分野として、「人」「テクノロジー」「海外」を挙げる。最重要課題となるのが、米国市場の攻略だ。

「米国という多様性のある巨大市場で、サービス水準をシリコンバレー級に引き上げられれば、(米国以外の国を含む)世界に挑戦するためのカギになる」。山田氏とともに上場会見に登壇した米国メルカリのジョン・ラーゲリンCEOはそう話した。ちょうど1年前、米グーグルや米フェイスブックなどで要職を歴任した“超大物”である同氏を引き抜き、メルカリは国内外の業界関係者を驚かせた。米国事業の命運は、ラーゲリン氏が握っているといえる。