マッタレッラ大統領が反EU(欧州連合)で知られるサボーナ氏の経済・財務相就任案をはねつけたことから、イタリアは政治的危機に陥った。総選挙に勝利した二つの反体制派政党「五つ星運動」と「同盟」による連立政権はサボーナ氏を財務相に充てようとしていた。しかし、同氏は統一通貨ユーロからの離脱を公然と主張。このような人事を認めればユーロ離脱を引き起こしかねない、とマッタレッラ氏は考えた。

この決断は激しい反発を招いた。五つ星運動のディ・マイオ党首は大統領の弾劾を要求。同盟のサルビーニ党首は再度の総選挙実施を求め、「イタリアが自由の国となるか、奴隷の国となるかを決める国民投票になる」と語った。

欧州でユーロ離脱が政治問題化するのは、これが初めてではない。が、組閣をめぐる法律問題に直接発展するのは今回が初めてだ。

金融市場ではイタリア国債が急落した。しかし、イタリアの政治危機で最も重要なポイントは憲法解釈の問題が持ち上がったことにある。マッタレッラ氏は組閣案を拒んだが、これは有権者の判断ではユーロ離脱を決められないということを意味するのか。民主的な選択とはどの程度の力を持ちうるものなのか。これらは、欧州全域をも揺るがしかねない根本問題だ。