小野薬品が手掛けるがん免疫治療薬の「オプジーボ」。適応対象の拡大を進めている

国内製薬中堅の小野薬品工業と、世界4位の米メルク(米国とカナダ以外での社名はMSD)が、がん免疫治療薬市場の覇権をめぐって、激しく争っている。

小野薬品が米ブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)と提携して海外展開するがん免疫薬の「オプジーボ」は、2017年にグローバル売上高約6500億円を稼ぎ出した大型薬だ。対するメルクの「キイトルーダ」の売上高は約4300億円。適応対象のがん種の拡大で先行したオプジーボが一歩リードする。

2製品は14年に発売されると爆発的ヒットを記録し、すでに合計1兆円を超える巨大市場を形成しているが、両陣営が適応対象を増やすために熾烈な開発競争を繰り広げており、市場はさらに拡大する見通しだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP