冷食の需要は増勢。今後は利益率向上が課題

水産最大手、マルハニチロの変身ぶりが株式市場で話題になっている。株価は2月末終値の3160円から5月18日には一時34%高の4230円と上場来高値をつけた。直近も4100円前後で推移。同社のIR(投資家向け広報)担当者も驚く状況だ。

端緒は3月5日に発表された新中期経営計画。冷凍食品など加工事業や豪州・北米を中心に海外事業を強化し、2022年3月期に売上高1兆円(18年3月期9188億円)、営業利益310億円(同244億円)を目指すものだ。

同時に新たなブランド戦略を導入。社名ロゴを4月に刷新し、「マルハ」「あけぼの」「アクリ」が混在する商品ブランドも今秋から「マルハニチロ」へ順次統一することを決めた。

その翌日、証券会社で唯一同社をカバーする岡三証券のアナリストが目標株価を4100円へ引き上げた。リポートでは「同社の前向きな事業への取り組みは市場で十分に評価されていない」とした。