年金危機や老後破産など、今や長寿をリスクと考えてしまいがち。だが、ある一点気持ちを切り替えることで、逆に老後に可能性を感じさせてくれる本。

定年前後の「やってはいけない」 (青春新書インテリジェンス)
定年前後の「やってはいけない」 (郡山 史郎 著/青春新書インテリジェンス/950円+税/189ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──今年83歳になられますが、働くこと以外に幸福な老後はない?

働きますと、他人の苦労を助けたり周りを喜ばせたりできて、ちょっとうれしいんです。若いうちは出世競争や、子どもの教育費、住宅ローンを抱えて、もっと稼がなければとそっちが先に来ちゃう。私は60歳過ぎていろいろ事業をやってきて、楽しくてしょうがない。毎日毎日問題は出てくるけど、それを一生懸命片付けることがだんだん楽しくなってきています。30代、40代の頃とは、考え方も感じることもだいぶ違うような気がします。プレッシャーが少ないんです。何かうまくいかなくても、年寄りだからしょうがない、と最初から期待されてない(笑)。そこで少しだけうまくいくと、「やった!」と満足感があります。

老後の家計は労働収入を柱とし、年金はあくまで補助的にとらえる。少しでも働いて日々の生活費を稼ぎ、先の人生に楽しみを見いだしていくほうがずっと幸せです。

──人生の区切りを「定年前・定年後」ではなく、45歳を折り返し地点に「第1ハーフ・第2ハーフ」という視点で書かれてますね。

人間の能力は45歳を過ぎると落ちていく。新しい能力はほとんど身に付きません。定年で人生に区切りがついて、残された老後があるという話ではなく、人生は一続きです。責任を背負って競争している時代とは違う生き方ですね。第2ハーフはいっそ仕事をがらりと変えていいと思う。自分の市場価値、選べる仕事、生かせる能力、体力などすべて違う。過去とどれだけ決別できるかが定年後どれだけ幸せになれるかのカギです。

──定年退職の準備は45歳前後で始めよ、ということですか?