ンゴロンゴロ保全地域でシマウマに遭遇した。この世のものとは思えないほど美しかった

5頭のライオンが赤みを帯びた草食動物の肉を咀嚼(そしゃく)している。車からわずか7~8メートルほどの距離だった。タンザニアのセレンゲティ国立公園に4WDで入り、50分ほど経ったときのことだ。

今年4月末のエチオピア航空の成田発キリマンジャロ行きの往復航空券が6万6130円。価格につられ友人とタンザニアを訪れた。

タンザニアは外貨収入の約4分の1を観光収入が占める。その屋台骨となっているのがセレンゲティやンゴロンゴロ保全地域などでのサファリツアーである。

難しいのはツアーの旅行会社選びだ。拠点のアルーシャに数百の旅行会社があるが、そのサイトのほとんどには料金表示がない。

そこで活用したのが、サファリブッキングドットコムというサファリツアー比較サイトだった。