神奈川県藤沢市は神奈川県南部のほぼ中央を占める、人口約42.9万人、県内では横浜、川崎、相模原に次ぐ中核都市だ。

藤沢市は片瀬や鵠沼(くげぬま)、辻堂に海水浴場があり、海水浴客やサーファーでにぎわう。明治・大正の時代から別荘地として開発され、多くの皇族や政治家、学者、芥川龍之介や岸田劉生、武者小路実篤といった文化人が集ったこともあり、「海辺の街」のイメージが強い。しかし実際には、市域は東西が約6キロメートルなのに対し南北は意外に長く、南の江の島から北の大和市との境界にある長後付近まで約12キロメートルに及ぶ、南北に広い街だ。

江の島から望む藤沢市。左手にあるのが新江ノ島水族館。夜の水族館で人気に(HAKU / PIXTA)

この街の特徴は市内を多くの鉄道が走ることだ。JR東海道線、小田急江ノ島線が街の東西、南北を貫き、東京方面へのアクセスは軽快。海辺を江ノ島電鉄、湘南モノレールが走り、街の北部の中心都市、湘南台で相模鉄道いずみ野線、横浜市営地下鉄が接続する。

交通利便性のよさで多くの学校の誘致にも成功している。慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスをはじめ、湘南工科大学、日本大学生物資源科学部、多摩大学グローバルスタディーズ学部など数多くの大学や私立中学、高校が立地する。

また一般的にはあまり知られていないが、いすゞ自動車、荏原製作所、武田薬品工業、日本精工など大手企業が事務所や工場、研究所を構えており、藤沢市は全国の自治体でも財政状態が良好だ。