週刊東洋経済 2018年6/9号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「もう無理」。生命保険会社に勤める山田美沙さん(仮名・40)は2018年3月、会社を退職した。直接の理由は、直属の上司との関係に悩んだことだ。

大学卒業後、一般職として入社。東京本社で営業管理の業務を長く続け、20代後半のとき、会社の要請で総合職に転換した。

職場結婚が多く、同期の女性は次々と寿退社。だが自身の夫は他社勤めで、結婚後も仕事を辞める気はなかった。二人の子を育てながら時短勤務を継続。仕事の内容も気に入っており、「本社にいたときは働きやすかった」と振り返る。

だがその後、歯車が狂いだす。総合職は長期間、同じ職場に属さないのが不文律。会社から異動希望を出すよう促され、経験を積もうと支社への異動希望を出した。

配属されたのは神奈川・川崎支社。これまで同様、営業管理だったが、業務の進め方がまったく異なっていた。本社と違い業務分担が明確でなく、雑務の負担も多い。業務用システムも本社とは別のものを利用しており、「ほぼゼロから仕事を覚えた」(山田さん)。

「きつくても3年間は頑張ろう」。そう考えた矢先、追い打ちをかけたのが赴任先の女性上司のプレッシャーだった。上司も二人の子育て経験者。ただ実際のところ、育児は実家の親にほぼ頼りきり。男性並みに働いて出世街道を走ってきた。自身と同じ道のりを歩ませようとしているのか、山田さんにもハードワークを要求した。

保育園児の二男の発熱で休暇取得を申し出ても、「自分は休まなかったけど」といい顔をされない。小学生の長男の学校から要請される、平日の授業参観やPTAの会合も出席の調整に苦労した。

さらに耐えられなかったのが“隠れ残業”だ。職場ではセキュリティの都合上、業務を家に持ち帰ってはいけない。時短勤務の定時退社時刻である16時には仕事が終わらず、ほぼ毎日18時まで残業した。「フルタイムの社員はみな21時近くまで残業。18時まで働いても時短勤務を申請せざるをえない雰囲気だった」(山田さん)。

しかし、残業続きの実態は会社にとっても問題。上司からは「16時以降は、(勤務記録が残らないよう)パソコンの電源をオフにして働いて」と言われた。そこまでして仕事を続けるべきか──。悩んだ末、退職を決意した。

女性総合職は同期で1割 転勤先で時短勤務がNG

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP