自民党は今年3月、憲法に自衛隊の存在を明記することを主眼とする改憲案を党大会で採択した。9条の戦力不保持の条項は残しつつ、自衛隊保持を明記する方針だ。伊勢崎賢治・東京外国語大学教授に聞いた。

いせざき・けんじ●1957年生まれ。専門は紛争予防や平和構築。早大大学院修士課程修了。国連東チモール暫定行政機構上級民政官や、国連シエラレオネ派遣団の武装解除部長を務めた。(撮影:尾形文繁)

──改憲案をめぐり与野党に隔たりがあります。

9条をそのまま維持し自衛隊を明記する条文の最終案はまだわからないが、英訳すると大混乱になる。9条2項で保持を禁ずる「戦力」の公式英訳は「forces」 で、自衛隊は「self-defense forces」。つまり、保持しないはずのforces(戦力)と保持するforces(自衛隊)が混在することになる。

自民党案に対して、野党は改憲に反対し、「平和憲法を守れ」と伝統的な主張を繰り返している。与野党とも旧来の議論の枠内で空中戦を続けている。必要なのは実態に即した議論だがそれがない。