つる・こうたろう●経済企画庁(現内閣府)などを経て2012年から現職。内閣府規制改革会議委員(雇用ワーキンググループ座長)(13〜16年)などを歴任(撮影:ヒダキトモコ)

──共働き家庭の働く環境についてどう評価しますか。

女性が結婚し、出産後も企業で働き続けるために、大企業ほどサポート体制を整えてはいる。ただ、それでも共働きと子育てを両立しにくいことの根底には、日本の雇用システムの問題がある。

日本の雇用システムは、職務や勤務地、労働時間が明確に定められていない「無限定正社員」が特徴。その結果、夫は長時間労働や辞令による転勤を余儀なくされ、妻は専業主婦で家庭を守る、というモデルが今も強く残っている。

この無限定正社員を、職務や勤務地、労働時間などが限定された「ジョブ型正社員」(限定正社員)に切り替えていくことが必要だ。

──具体的には。