銀行が立ち行かなくなるといわれて久しい。現に地方銀行は半分しか生き残れないとすらいわれている。このような事態になったのは、日本銀行の低金利政策を受けて本業の利ザヤが下げ止まらないからだ。

パッと見は順調に見える。相変わらず、市内の目抜き通りに店舗は立ち並び、表面的には何も変わらない。

しかし、一皮むいたら銀行はたいへん厳しい環境にある。まず、すべての資金運用利回りと資金調達コストの差を示す総資金利ザヤは落ち込み続け、これでは経費をどう捻出するのだという水準になっている。近年、みずほフィナンシャルグループをはじめとして、メガバンクの人減らしが話題なのもその一環なのだろう。

さらにメガバンクによるATM(現金自動出入機)共同運営の話も出るくらいだから、追い詰められている実感はあるのだろう。こうした銀行の悲鳴を受けて、日銀の低金利政策は変化するのだろうか。