共働き夫婦に言ってはいけないNGワードは何か。上司や同僚は何に気をつけるべきか──職場でのハラスメント(嫌がらせ)に詳しい菅谷貴子弁護士に聞いた。

菅谷弁護士は福田淳一前事務次官の記者へのセクハラを受けて財務省が開催した幹部向け研修で講師を務めた(撮影:尾形文繁)

「生活がつらいから頑張っているの?」「旦那さんが頼りないの?」。夫婦共働きの女性社員が受けることの多いハラスメントの1つがこうした質問。出産、育児のせいでキャリアを分断したくないから働いている女性は多い。それなのにこう言われたらどう思うかを想像すべきだ。

「2人目のお子さんはいつ?」「こんなに働いていて、妊娠するタイミングはどうするの?」など妊娠や出産について気安く聞くのも避けよう。

不妊治療をしている人は、治療を受けていない人が思っているほど少なくはない。デリケートな問題であり、他人が立ち入るべきではない。出産のことを聞かれるだけで、不妊治療中の人はプレッシャーに感じる。