イラスト:熊野友紀子

夫に頼れない「ワンオペ育児」と仕事の両方を無理に回そうとすると、知らぬ間に女性の体が悲鳴を上げるケースは多い。

メーカー勤務の大島幸さん(仮名・20代)は1歳と3歳の2人の男の子を育てる。第2子は妊娠時、早産一歩手前の切迫早産と診断され、幸さんは医師に1週間の自宅安静を言い渡された。原因は子の送迎と電車通勤の負担だった。

早朝に出掛ける夫には頼れず、妊娠中も長男の保育園送迎は自分の役目。最寄りの園に入園できず、片道20分かけて送迎。妊娠中は時短勤務にしたが、限られた時間で業務を終わらせるプレッシャーもきつく、体が悲鳴を上げたのだ。

出産後も女性の体は変化に襲われる。その一つが乳房に炎症が起こる乳腺炎だ。幸さんも職場復帰後、仕事中にたびたび乳房の痛みに悩まされた。昼休みにトイレの個室に駆け込み搾乳。トイレにこもって搾乳すると、孤独感にも襲われてつらかったと振り返る。