イラスト:熊野友紀子

保活や保育園入園後の母親の負担はクローズアップされやすいが、「そうはいっても保育園時代はまだ働きやすい」という女性は少なくない。

2年前までキャビンアテンダント(CA)だった谷彩奈さん(仮名・40代)は2児の母。2人目が生まれても何とか仕事と育児の両立をこなせたが、長男が小学校に上がると同時に両立を断念。転職を決意した。予想以上に高かったのが「小学校の壁」だ。

保育園では連絡事項はすべて親に伝えられるが、小学校は本人に伝えられる。提出物の期限が短い通知も多く、すべて本人任せにするのは心もとないため、チェックが欠かせない。先生からは宿題の丸つけも親に託されている。

さらに働く親にとって負担となるのが平日の行事だ。保護者会や個人面談、家庭訪問などはすべて平日。学級閉鎖や台風などで突然休校になることも珍しくない。谷さんの夫は金融機関勤務。上司から「育児は母親の仕事だろ?」と言われるような職場環境のため、協力を仰ぐことは断念した。

CAでは一度決まったシフトを変更するには、10人以上のシフトを動かす必要がある。「その大変さを知っていたので、直前に知らされる学校の予定に合わせるのは不可能だと感じた」(谷さん)。結局、転職を余儀なくされた。

好きな仕事をあきらめ、転職先は条件で選んだ。現在の勤務は病院の受付。「職場は同じように子どものいる女性が多い。子どもに何かあったときは、もっと大きな子どものいる人が率先して代わってくれる」(谷さん)という。

根強い専業主婦社会 その典型がPTA

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP